Iターン・Uターンのすすめ

技術者としての新しい将来設計を考える機会

東京・大阪・神戸・その他の地方に出かけると、沖縄出身の技術者の方とお話する機会があります。決まって「ゆくゆくは故郷に帰りたい…」「今沖縄の業界はそうなっているのか?」などUターンにまつわる事を多くお聞きするのですが、出身は別の県でも「近い内に沖縄で同じ仕事に就きたい…」と生活環境をベースに、Iターンを希望されている方が意外にに多い事に驚きます。

大都市と地方での生活を比べた時、メリットとして映るモノは、「便利さ」とか「所得」などのバロメータではなく、いかに快適な環境で仕事ができるかという点に尽きる様です。
最初から沖縄を出ないという選択肢もあります。

技術者にとっての「幸せ」とは一体何でしょう?

「Iターン・Uターン」は、どなたにも返ってくる言葉の様に思えます。しかし、最初から沖縄を出ずに目的が達成できたら、どうでしょうか。キャリアを積んだ沖縄出身の技術者が帰って来れるフィールド。沖縄でキャリアをスタートさせたいと願う技術者に最適なフィールド。大都市での活躍を求める夢多き技術者にとっても最適な目標とフィールド。

「技術者が安心して働ける・技能を活かせる・場を作る事」実はこれが沖縄テクノス設立のコンセプトのひとつでもあります。本当に上を目指したい方には、テクノスグループの4拠点をキャリアに合わせて活用できる仕組みを整えています。また「システム&ソフト開発の沖縄ブランド発信」に向けて、こちらでの現地採用にも力を入れて行きます。

お仕事の協力関係を広げていく上でも、様々な開発分野の技能を持った方々に門戸を開いていきたいと考えています。ぜひ、ご応募・ご連絡をいただけます様よろしくお願い致します。